ダブリン市民(猫)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正月気分を超えた先

 

 ここは、残して後で見る場所であって、何か書きたいから書く場所ではなかったはずだよね。とにかく自分の頭の中を客観的に視るために書き出したいなら、手書きの日記的な場所に昔からやっていたようにすればいいのであって、今まで日記に書いてきたことをここで書くようになるわけじゃないのだ。ここには一応第三者の目に曝されていることを意識しなければならない空気が必要である。わかってくれ。

 家の中だけで過ごしていたら、こうやってその日の出来事から記事にしようとしたときに、そこそこ分量のある文章を作るのはきつい。家に引きこもった一日に書こうとするもののテーマは、準備がある程度ないと完成度が低くなり本音を見失う。このブログの更新頻度は高すぎるのだ。大体、インプットの姿勢がここ最近見受けられないではないか。ひたむきになるんじゃなかったのか。

 頭がおかしくなったように感じるのは、本心に反することを家の中というかなり自由な空間の中で、己が選択して行っているからだ。自分のかくあるべきモデルに姿には、相応の脳への負担がかかり、それから逃げている自分がよくわかる。

 冷静になれ。生活を手に入れることが自分の4年後、それ以降の目標である。生活が欲しい。人に理解される必要などなく、己の指向する道を見据えなければならない。

 

 この、~なければならないという口調は嫌いだなぁ。従いたくなくなる。

広告を非表示にする